出版情報をすべての人に

フェア・本の紹介

フレーベル館『キャンドル』×NetGalley

児童文芸新人賞作家が描く
子どもたちが織りなす熱く切ない絆の物語

図書館関係者 山﨑清子

誰かを、誰かとの関係を、誰かと一緒にいる自分を大事にすることで、初めて本当に自分を大切にできるのではないか、と考えさせてくれる。

図書館関係者 佐藤由美

友情物語であり、少年の成長物語でもあり、ファンタジー要素も含み、またミステリーでもあり、児童書と一言で語ってしまうのはもったいないジャンルフリーの作品。

レビュアー 名手瑠美

キャラクター設定、ストーリー展開、伏線、メッセージ、すべてに驚かされ、心を動かされる。本屋大賞にノミネートしてほしいくらい、大人の心にも届く作品。

レビュアー anne

それぞれが抱えていた心の中の暗闇。でも真っ暗ではなかった。どんなに小さくても「キャンドル」の灯は消えていなかったから。デビュー作『あの子の秘密』も読もうと思う。

ジュンク堂書店 八木沙織

後半の怒涛の展開に堪えることができなかった…二人が選んだ道は平坦ではないし、後悔もあるだろう。でも二人なら大丈夫と思える。この気持ちを心に灯し続けて乗り越えていって欲しい、と願わずにはいられない。

図書館関係者 正瑞睦

途中から号泣で心が揺さぶられたまま読了。誰かに伝えたいけれども言葉が見つからず、もどかしい。とにかく、「読んで! そして感じて!」

幕張蔦屋書店 後藤美由紀

子どものジェンダー問題に触れつつ、本当の友情とは何なのかを問う。不思議な現象を絡めたミステリー要素もあり、年齢、性別を問わずお薦めしやすい。

書店関係者 山口榛菜

大人になるとはどういうことか。大人自身もわかっていない。理不尽に立ち向かう子どもも大人も「大人になるのも悪くない」と思えるように。

レビュアー 信賀由紀子

保身のために嘘をついたり、諦めたりしながら生きていくのが本当にいいのか?個性とは?人と違うことはいけない?いろいろ考えさせられました。

レビュアー M.T.

何かのきっかけで一度、心の距離が離れてしまったとしても、心の底から思いあう気持ちがあれば、やりなおすことができる。あきらめない勇気。とても大切なことを教えてくれた。

【内容紹介】

母を亡くして以来、どうしようもないことはあきらめてきた螢一。ある日、螢一をおそったある子の記憶。親友の翔真と記憶の主をさがすうちに、螢一の冷たく凪いでいた心に、小さくてもたしかな火がともり…。
■四六判/312㌻/本体1400円

作品詳細ページはこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


【BookLink PRO】販促情報

販促情報ランキング(公開30日以内)

最新記事

今後のイベント

注文書・販促情報チラシ

関連記事

TOP

注文チラシはデジタルで!

「BookLink PRO」は、これまで紙(FAX)で送っていた注文書・販促情報などが一覧できるデジタルチラシ配信プラットフォームです。こちらのサービスは会員登録するとご利用いただけます。
書店・図書館の利用は無料