出版情報をすべての人に

イベント

日販×中三エス・ティ 文具の共同商談会「Discover New Items 2023 Autumn」 メーカー101社出展、来場者約400人

 日本出版販売(日販)と日販グループ会社の中三エス・ティは9月13日、文具の共同商談会「Discover New Items 2023 Autumn」を東京都立産業貿易センター台東館で開催した。

 商談会の冒頭、日販・野口瑞穂取締役(文具雑貨商品本部長)があいさつ。文具メーカー101社が出展し、新商品や季節商品、店頭企画コーナー向けの雑貨など、幅広い商品を展示。会場に約400人が来場し、1日を通して、活発な商談が繰り広げられた。

 会場では、日販オリジナル文具・雑貨ブランド「eHONTOMO(えほんとも)」「Fonte」「Old Resta」などのほか、出版業界のエコ活動を企画・支援する「ONE ECO PROJECT」の「本袋」を出展。また「東京おもちゃショー2023」でエデュケーショナル・トイ部門優秀賞を受賞した、学研ステイフルの「Gakkenニューブロック ローリングキュー」の特設コーナーも設けた。

 日販と中三エス・ティは2022年4月、日販が文具のメーカー仕入機能および書店ルートの販売事業を中三エス・ティから承継したことを受け、同年6月に初の共同商談会を開催。今回はその5回目となる。

【日販・野口取締役 あいさつ(要旨)】

 今回の商談会は「Discover New Items 2023 Autumn」と名付けて、ご来場いただくお客様に、出展いただいた101社のメーカー様の商品から、新しい発見(Discover)をしていただきたい、という気持ちで開催しております。

 書店店頭の売上が厳しい中にあって、日販の文具雑貨商品本部が扱う文具の店頭売上は、今年4月から8月までの累計で105.0%と、前年を上回る実績を上げています。メーカーの皆様の商品を書店店頭で数多く展開してもらうためにも、本日の商談会を充実したものにしたいと思います。

 先日開催した、日販・中三協力会のメーカー様向け説明会において、日販がさまざまなIPを活用し、お客様が店頭に集まる仕掛けづくりを行っていることをご説明しました。また、出版業界としても、今年も11月1日の「本の日」前後に「BOOK MEETS NEXT」キャンペーンを実施し、スタンプラリーなどのイベントを書店店頭で展開する予定です。業界横断型の企画になりますので、文具業界の方々にも、ぜひ注目していただきたいと思います。

 最近はインバウンド需要が回復傾向にありますが、訪日外国人観光客の多くが、コミックの第1巻を買っていかれるそうです。都内の観光地にある書店様では、3か月間で「ONE PIECE」(集英社)の第1巻が129冊売れたという実績があります。このように、インバウンド効果が書店と、その中の文具売場にも見込めると考えられますので、書店様向けに文具の棚パッケージをご提案する計画を進めております。

 文具・雑貨の業界で、日販・中三が対応しているマーケットには、まだまだ広がりを感じています。みなさまとの協力体制のもと、さらなるマーケットの拡大を図っていきたいと考えておりますので、これからもよろしくお願いいたします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最新記事

おすすめ記事

関連記事

TOP

注文チラシはデジタルで!

書店・図書館・出版社向けの「BookLink PRO」は、これまで紙(FAX)で送っていた注文書・販促情報などが一覧できるデジタルチラシ配信プラットフォームです。こちらのサービスは会員登録するとご利用いただけます。
書店・図書館の利用は無料