出版情報をすべての人に

フェア・本の紹介

現役東大院生の研究家 スパイスを使った日常の料理を紹介

『スパイスのまほう』
(印度カリー子/秀和システム)

 秀和システムは7月16日発売で、『スパイスのまほう』(印度カリー子:著 AZZAMI:クリエイティブディレクション)を刊行した。
 本書は東京大学大学院で香辛料の研究に携わる印度カリー子氏によるレシピ本で、6つのスパイス(クミン、コリアンダー、スターアニス、ターメリック、ナツメグ、シナモン)を使ったレシピ120点を収載。日常的に使う機会が少なく、自宅にあまりがちなスパイスを、毎日の料理に気軽に使える調理法を各スパイスごとにまとめており、クミンを使った豚の生姜焼き、ナツメグを使った豆乳明太子うどん、シナモン酢豚などのアイデア料理を紹介する。
 またスパイスの機能や特徴、香辛料の歴史などのコラムも充実しており、専門に研究している著者ならではの知見を垣間見せる。
 なお著者はスパイスセットの開発・販売も行い、社会福祉法人に商品化の作業を依頼するなど、スパイスを通じた障がい者の自立も支援しているという。
□A5判/128㌻/本体1500円

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最新記事

おすすめ記事

関連記事

TOP

注文チラシはデジタルで!

書店・図書館・出版社向けの「BookLink PRO」は、これまで紙(FAX)で送っていた注文書・販促情報などが一覧できるデジタルチラシ配信プラットフォームです。こちらのサービスは会員登録するとご利用いただけます。
書店・図書館の利用は無料