出版情報をすべての人に

ニュース

ブックエース 10月につくば再出店 西友跡地に750坪

現地には新店の今秋オープンを告知するポスターが掲げられている

 茨城県を中心に書店を展開するブックエースは10月、つくば市内に再出店する。つくば市内の出店は、2022年10月に商業施設「LALAガーデンつくば」閉鎖に伴い閉店したTSUTAYA LALAガーデンつくば店以来1年振りとなる。

 新店舗「TSUTAYA デイズタウンつくば」は飲食店などが入る商業施設デイズタウン内、3月末に撤退した西友つくば竹園店跡地に入る。店舗面積は750坪。アイテム構成はBOOK、文具、雑貨、レンタル、GAME、トレカ、CD、DVD、レコード販売の大型複合書店となる。カフェなどの併設店はない。

 ブックエースの奥野康作社長は、本紙に「以前にLALAガーデンつくばにあった我々の店舗は、沢山のお客様から支持を頂いていた店舗でした。閉店の際にも再オープンして欲しいと沢山要望を頂いており、また我々も早期に再出店をしたいとつくば駅周辺で物件を探しておりました。この度、デイズタウンつくば様からお話を頂きました。坪数は750坪と以前より大きく、駅から徒歩圏でありながら駐車場が700台もあり一定時間無料で使えると好条件であったため出店を決めました。出店検討期間が短かったこともあり、カフェ併設にはなりませんでしたが、今後の展開を楽しみにして頂ければと思います」とコメントした。

ブックエース TSUTAYA LALAガーデンつくば閉店 奥野社長、つくば再出店に意欲

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最新記事

おすすめ記事

関連記事

TOP

注文チラシはデジタルで!

書店・図書館・出版社向けの「BookLink PRO」は、これまで紙(FAX)で送っていた注文書・販促情報などが一覧できるデジタルチラシ配信プラットフォームです。こちらのサービスは会員登録するとご利用いただけます。
書店・図書館の利用は無料