出版情報をすべての人に

フェア・本の紹介

『科学と宗教の未来』 第三文明社

『科学と宗教の未来』四六判/216㌻/定価1760円

科学と宗教が社会に果たす役割とは

 「意識と脳」の研究をライフワークとしている脳科学者・茂木健一郎と、「科学界のインディ・ジョーンズ」こと辺境生物学者・長沼毅の両氏による「サイエンス対談」。プロフェッショナルな2人が、エビデンスと論理的思考に基づく「科学」と、共感と対話の精神に支えられた「宗教」が、人間と社会に果たす役割について語り合う。

 科学とは何か、人間はなぜ宗教をもったのか、混迷を極める今だからこそ届けたい1冊。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最新記事

おすすめ記事

関連記事

TOP

注文チラシはデジタルで!

書店・図書館・出版社向けの「BookLink PRO」は、これまで紙(FAX)で送っていた注文書・販促情報などが一覧できるデジタルチラシ配信プラットフォームです。こちらのサービスは会員登録するとご利用いただけます。
書店・図書館の利用は無料